ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです



このページは、ホームの中のソリューション・技術の中の技術一覧の中の建築技術の中のPNW工法(Penta-ocean Non Welding工法)のページです。

PNW工法(Penta-ocean Non Welding工法)

概要

PNW工法は、薄肉断面の鋼材を組み合わせた組立部材から構成される工場などの鋼構造建物を対象とした無溶接耐震補強工法です。母材の上下に設置した添板で母材とスペーサーを挟み込んで、高力ボルトで締め付けることによって方杖や火打ち材などの補強部材を接合します。補強部材の接合方法として一般的な高力ボルトによる摩擦接合や溶接接合などと比べて無溶接かつ母材への孔開けなしに接合することができます。

※技術評価・特許
(財)日本建築防災協会 技術評価 第2269号
特許第4042996号

特長

母材を傷めない

ボルト孔の穿孔による断面欠損や、溶接熱による材料特性劣化が生じません。


火災発生リスクの低減

火気を使用しないため火災発生リスクが低減でき、施工時の養生も軽減できます。


工期短縮

単純作業なので施工性の向上、工期短縮が可能です。


関連リンク

ニュースリリース

2008年11月20日鋼構造建物への無溶接耐震補強工法を開発


What's new 一覧

ニュースリリース

プロジェクト紹介五洋建設の手掛けているプロジェクト、過去の代表的なプロジェクトをご紹介します。

技術研究所


ページの終わりですページの先頭へ戻る