ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです



このページは、ホームの中のWhat's Newの中の2018年の中の 「五洋土工情報収集システム(i-PentaCOL)」を開発のページです。

What's New

「五洋土工情報収集システム(i-PentaCOL)」を開発
〜多種多様なi-Construction機器の統合へ〜

2018年01月23日

五洋建設株式会社(社長 清水琢三)は、国土交通省が推進するi-Constructionの一環として、多種多様なICT建設機器を統合して利用可能な総合システム「五洋土工情報収集システム(i-PentaCOL)」を開発、土工現場で適用し、建設現場の生産性向上と省力化を実現しました。 本システムの導入により、複数メーカーの施工機械や測量機器のデータが自動的に集約され、利用者が一つのシステムとして操作することが可能となりました。

一般的なICT土工事では、バックホウを管理するシステムやブルドーザの管理システム等、複数の重機や機器ごとに異なる施工情報を、職員がデータ収集し、管理を行っています。
最近では、クラウドにデータを集約化し、独自ソフトウェアで多様なデータを統合する取組みも進んではいるものの、複数のクラウドを相互に連携して自動的にデータを集約するものはありませんでした。
また、建設現場ではICT化の進展により職員が多数のシステム操作や管理に時間をとられることが新たな負担となっており、システム操作や管理に関わる時間の短縮が求められています。

本システムでは、多様な機器のICT施工情報から自動的にデータを当社のクラウドサーバーに集約させ、さらに各システムを連携することにより、次のことが可能となります。

1.一つのシステムですべてのデータをまとめて処理することで、多数のシステム操作に必要であった労力を減らし、職員の負担を軽減することができます。
2.この土をどのくらいダンプトラックに積み、どこに運搬し、どこに盛土したかといった、土工事の施工記録(トレーサビリティー)を簡単に確認することができます。
3.ICTバックホウの刃先の軌跡データやステレオカメラによる地山の測量データから掘削土量が、バックホウ重量計から積込量・運搬台数が、振動ローラに取付けられたGPSの位置情報から平面位置・高さデータから盛土量が分かり、そこから日々の切土・盛土の出来高や土量変化率が管理できます。また、土量配分の管理や計画に反映することができます。
4.当社技術研究所のセンサークラウドを使用し、風速計や雨量計の観測データを集約します。風速・風向や雨量のデータなどから、粉塵対策の実施や工事中止の判断を速やかに行い発信することで、環境の維持や安全確保ができます。

「五洋土工情報収集システム(i-PentaCOL)」について図-1に示します。【参考】使用した個別ICT技術の概要

今回、延長約11km、土工数量約80万m3の道路工事現場でICTバックホウ1台、ブルドーザ2台、振動ローラ2台を稼動させ、約6,000m3/月の土工事に本システムを運用したところ、2名の担当職員のデータ処理や機器操作に必要な時間を1人当たり1日約1.2時間低減することができました。

今後、建設現場の生産性向上と作業の省力化のため、「五洋土工情報収集システム(i-PentaCOL)」を積極的に施工現場へ適用していく予定です。

図-1 五洋土工情報収集システム(i-PentaCOL)


劣化診断のフロー

【参考】使用した個別ICT技術の概要

@ コマツ社のKomConnectがAPIを提供した最初の事例であり、そこからの情報をデータベース化するシステムを構築します。ICTバックホウ(積込作業)の日常の掘削量を把握します。
A UAV測量により、事前・事後の測量から掘削土量を算出してデータベースに登録を行います。
B トリンブル社のロードライト(バックホウ重量計)により、ダンプトラックへの積込重量を各車測定し土量管理の一部と、積載量管理を行います。
C ミヤマ社の運行管理システムは、ダンプトラックに運行管理機(GPS)を搭載し、その位置情報から積込場所、荷卸場所の位置・運搬回数から運搬土量の管理を行います。
D GNSSによる盛土の敷均し・締固め管理システム(一般)によりブルドーザをガイダンスシステムで敷均し高に誘導し施工を行います。
振動ローラの施工状況を転圧回数・平面位置を画面に表示し面的管理を行います。
E 当社開発のセンサークラウドにより雨量計、風速計、風向計、観測井戸水位計などの環境計測機器をIoT化しクラウドサーバーに観測データを集約します。
F CIM環境は、他のシステムから出力される施工管理データと連携します。

■連絡先
五洋建設株式会社 土木本部土木技術部
担当:川崎 光洋・俣野 文孝
住所:東京都文京区後楽2-2-8
TEL :03-3817-7531



ページの終わりですページの先頭へ戻る