ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです



このページは、ホームの中のソリューション・技術の中の技術一覧の中の土木技術の中の上向きシールド゙工法のページです。

上向きシールド゙工法

概要

地下空間がさまざまな形で利用されている現代、地下から地上へかけての掘削技術への注目は、さらに高まりつつあります。そこでこの時代のニーズにひと足早く着目し、実用化に向けて具現化した技術が「上向きシールド工法」です。
地下から地上へ向けての掘削を可能にしたことで列車の線路間、ビル街や繁華街、大型車の進入できない山頂や市街地など、地上から立坑を作ることが困難な場所でのスムーズな作業を実現します。
本工法は、五洋建設(株)、大成建設(株)、石川島播磨重工業(株)、石川島建材工業(株)の共同開発です。

特長

道路などの地上占有期間を短縮

上向きシールドは、既設トンネル等から地上へ発進するため、地上での作業は到達後の構築作業のみのため、地上占有期間を最小限とすることができます。


施工期間の短縮

水平トンネルが深い場合、立坑との接続に大規模な土留め等の仮設構造物が必要となります。上向きシールド工法では仮設構造物が不要ですので、深いほどメリットがあります。


止水性が高く、安全で確実

上向きシールドの躯体は、止水性能に優れた一般的なシールドトンネル用のセグメントを用いることができます。したがって躯体のみで高い止水性を確保できます。

関連リンク



ページの終わりですページの先頭へ戻る