ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです



このページは、ホームの中のソリューション・技術の中の技術一覧の中の建築技術の中のRCS合成壁工法(地下RC外壁と山留め鋼材(S)との合成壁工法)のページです。

RCS合成壁工法(地下RC外壁と山留め鋼材(S)との合成壁工法)

概要

RCS合成壁工法は、仮設山留め壁であるソイルセメント柱列壁(SMW)の応力材(S)や親杭横矢板の応力材(S)と地下外壁(RC)を、形鋼コネクタやスタッドコネクタなどで一体化する工法です。
合成壁として、土水圧による曲げやせん断に抵抗します。

※技術評価・特許
ベターリビング 一般評定CBLFP005-04号


特長

資源の有効利用

従来は仮設利用していた剛材を本体へ適用することにより、資源の有効活用に寄与します。


材料使用量の低減

地下 RC 外壁の壁厚を小さくできるため、鉄筋やコンクリートの使用量の低減が図れます。


敷地の有効利用

壁厚の低減により地下部の有効スペースが増大するため、敷地の有効利用が図れます。


PSP工法併用によるコスト低減

PSP (ソイルセメント本設杭)工法 を併用することにより、合成壁と本設杭を兼用できることから、大幅なコスト低減を図ることができます。


PSP工法との併用(概要図)
PSP工法との併用(概要図)

PSP工法との併用(立断面)
PSP工法との併用(立断面)


What's new 一覧

ニュースリリース

プロジェクト紹介五洋建設の手掛けているプロジェクト、過去の代表的なプロジェクトをご紹介します。

技術研究所


ページの終わりですページの先頭へ戻る