ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです



このページは、ホームの中のソリューション・技術の中の技術一覧の中の建築技術の中のCFT−SRC構法(コンクリート充てん鋼管柱―鉄骨鉄筋コンクリート梁構法)のページです。

CFT−SRC構法(コンクリート充てん鋼管柱―鉄骨鉄筋コンクリート梁構法)

概要

CFT(コンクリート充てん鋼管)柱を用いて集合住宅を計画する場合、耐火被覆や振動および遮音性から、SC(鉄骨コンクリート)梁を採用してきました。CFT−SRC構法では、SC梁において耐力に寄与しない軸鉄筋を鋼管柱に溶接してSRC(鉄骨鉄筋コンクリート)梁とすることにより、経済的で合理的な設計を可能にします。

※技術評価・特許
特許出願中

特長

コストダウン

経済的な設計が可能なため、SC梁と比べてコストダウンが可能です。


軽量化

構造的に合理的な部材設計が可能なため、SC梁に比べて断面を縮小でき、梁の軽量化が可能です。


CFT柱にSRC梁を取り付けた骨組
CFT柱にSRC梁を取り付けた骨組

What's new 一覧

ニュースリリース

プロジェクト紹介五洋建設の手掛けているプロジェクト、過去の代表的なプロジェクトをご紹介します。

技術研究所


ページの終わりですページの先頭へ戻る