ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです



このページは、ホームの中のソリューション・技術の中の技術一覧の中の建築技術の中の自己圧着ブレース工法のページです。

自己圧着ブレース工法

概要

低層・中規模建物に対して、短工期で低コスト、建物を使用しながら施工ができる新しい耐震補強工法です。


当社は(財)日本建築総合試験所の「建築技術性能証明」を取得しています。

特長

建物を使用しながら工事が可能

既存躯体へのアンカー作業などがないため、工事中の振動・騒音が少ない工法です。引越しなどを伴わず、建物を使用しながら施工が可能です。


コストダウンの実現

ブレース外周のフレームが不要なため、見た目もすっきりして低コストです。


施工の手間を短縮し、短期間で工事が可能

取付作業や仕上げ作業などの手間が少ないので、従来より短い工期で施工ができます。

従来の工法に比べて

自己圧着ブレース工法の利点

  • 外周フレームが不要なため、見た目すっきり。その分コストダウン。
  • はつり、アンカー作業が不要なため、騒音・振動が非常に少ない。

自己圧着ブレース工法

既存耐震ブレースの問題点

  1. 柱・大梁取り合い部にフレームの鉄骨が必要。その分コストアップ。
  2. 既存の柱・梁との取り合い部の一体化のためのアンカー打ち施工が必要。騒音・振動発生。
  3. 既存の柱・梁部分のモルタル撤去が必要。施工中、騒音・振動発生。

従来の工法

施工手順

部材の組立作業

(1)4片に分割搬入されたPCaブレースを“X”型に地組します。

ボルト締め作業

(2)接合面に接着剤を塗布し各部材を合わせて上部材をボルトにより締め付けます。

プレストレス導入作業

(3)下部材の鋼管内部に皿バネを挿入し、コア中央部に開放用治具を取り付けて、PC鋼棒を緊張します。

 

(4)チェーンブロック等を用いて、組立てたプレキャストブレースを建て起こし、躯体にセットします。

位置決め、モルタル充填

(5)グラウト材を混練し、所定の性状を確認した後、隅角部にグラウトを充填します。

 

(6)隅角部のグラウトの強度が発現した後、中央部の開放治具を引き抜いて、 緊張力を開放し、皿バネを介してPCaブレースを自己圧着させます。

(7)中央部に型枠をセットしてグラウトを充填する。

(8)グラウト硬化後、PCaブレースを塗装し、最終仕上げを行います。


What's new 一覧

ニュースリリース

プロジェクト紹介五洋建設の手掛けているプロジェクト、過去の代表的なプロジェクトをご紹介します。

技術研究所


ページの終わりですページの先頭へ戻る