ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです



このページは、ホームの中のソリューション・技術の中の技術一覧の中の建築技術の中のポータルグリッド工法(PG工法)のページです。

ポータルグリッド工法(PG工法)

概要

現在、地震災害の対策として鉄筋コンクリート(RC)建物で補強を要する公共施設が二万棟弱、民間施設は数十万から百万棟あるといわれ、これらの補強・リニューアルは急務となっています。「ポータルグリッド工法」(PG工法)は、柱梁に鉄骨フレームをそわせて外付 けする耐震補強工法です。従来、不可欠とされてきたブレースを省いても、十分な耐震性能を実現できます。室内からの眺望や採光を損ねずに外観もリニューアルできる新しい耐震補強工法です。


「ポータルグリッド工法」は、(財)日本建築総合試験所から建築技術性能証明を2005年3月1日に取得、2008年3月4日付の改訂で適用範囲などを追加しました。

特長

  • ブレースがないため眺望、採光を阻害せず、ベランダ等への出入も支障なく外観もすっきりしています。
  • 外付け補強のため、建物を供用しての施工も可能です。
  • 鉄骨補強を足がかりに概観のリデザインが可能です。
  • ブレースが不要なため複雑な鉄骨加工がなく、工期短縮が図れます。
  • オフィス、共同住宅、病院、学校など幅広い建物に適用できます。

ブレース不要の耐震補強

従来工法の問題点を明快に解決する先進技術


ポ−タルグリット工法(PG工法)と従来工法の違い

  • 従来工法
  • PG工法

施工例

  • 集合住宅:渋谷藤和コープ(東京都渋谷区 1971年築)2004年12月竣工
  • SRC造地上12階建 延床面積7,420m2
  • 施工前
  • 施行中
  • 施工後
  • 事務所:第2光ビル(大分県日田市、1978年築)2005年3月竣工
  • RC造地上6階建 延床面積1,984m2
  • 施工前(道路側)
  • 鉄骨建て方状況(道路側)
  • 施工後(道路側)

What's new 一覧

ニュースリリース

プロジェクト紹介五洋建設の手掛けているプロジェクト、過去の代表的なプロジェクトをご紹介します。

技術研究所


ページの終わりですページの先頭へ戻る